【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】
お悩みさん

自粛期間中で練習ができない。
家でどのように過ごしたらいいのだろうか?

本記事は、上記のような悩みを抱えるあなたに向けて書いています。

こんにちは!ひこきち(@okudot_blog)です。

新型コロナウィルスによる外出自粛により思うような練習ができない、テスト期間中で部活が休み、梅雨の時期により外で練習ができない、なんてことありませんか?

練習ができないからと言い訳して何もしない人は、必ずといっていいほど試合に負けます。

この記事を読めば以下のことがわかるようになりますよ。

  • 練習ができないとき、家で何をすればいいのか。

家にいるときに何ができるかが勝利へのカギとなります。

この記事の信頼性

” この記事を書いている人 “

ひこきち (@okudot_blog)

12歳からソフトテニスを始める。

主な実績

高校: 関東大会、’08 埼玉インターハイへ出場。

大学: 同好会所属。東京都個人ベスト8。

全日本学生ソフトテニス同好会連盟理事長を務める。(大学3年)

現在: メーカー正社員

ソフトテニス歴15年以上の経験をもとに、

情報を発信しています。

目次

試合で勝つためには家での過ごしかたが大切

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

試合で勝つためには、テニスコートでの練習も大切ですが、もうひとつ大切なことがあります。

それは、『 ライバルが休んでいるときにこそ練習をする。』ということです。

お悩みさん

休んでいるときって?

それは、家で過ごす時間です。

このおうち時間を有効に活用できればライバルと大きく差がつきます。

人が見ていないところでの努力はやがて、大きな自信となって自分へ返ってくるのです。

それでは、どのようなことをすればいいのか実体験をもってご紹介しますね!

ラケットに触ろう

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

私は高校生のとき、雨やテスト期間で練習できない日は、家で必ずラケットを触るようにしていました。

ラケットは相棒を通りこして、片腕の一部なんじゃないか?と思うくらい握って、感覚を失わないようにしていました。

今振り返ると、やってきてよかったポイントのひとつです。

メリット

  • グリップの感覚を失わないので、次の練習で違和感なく入れる
  • 道具を大切にするようになる

グリップの感覚

グリップの感覚って球を打つときに、とても大事なんですよね。

しばらくラケットを握っておらず、グリップがしっくりこないという理由だけで、こんなことをしだす人がいます。

  • 無理に握り方の修正をする。
  • 打つフォームを変える。

こんな初心者が非常に多いです。

それで結局、何が正しいのかわからなくなり勝手に「 調子が悪い!スランプだ!! 」と初心者は叫び始めるのです。

そのようなことを起こさないためにも、コートに立てない日は、家でラケットは少しでも握っておき、感覚を失わないようにしたいですね。

「オフの日は、ラケットを部室に置いたままです。」

たまにこんな人がいます。

それでは試合に勝てませんよ?

あなたが家でゴロゴロしているときに、ライバルはしっかりと家で素振りやラケットを握って努力しているんです。

道具を大切にする

また毎日ラケットを触っていると、愛着もわいてくるので道具を大事にするようにもなります。

中高生のほとんどは、親御さんにラケットを買っていただいているでしょう。

そんな親御さんが、あなたのために働いて稼いだお金で与えてくれたラケットを粗末に扱っているようでは、絶対に勝ちあがれません。

その意識の差が勝敗を分かれ道です。

もし初心者で、試合に勝ちたい志がある人は、下記記事もぜひ参考にしてみてください。

ラケットの性能ひとつで、もうワンランク上のプレーができるようになりますよ。

走り込みをしよう

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

土砂降りの雨や台風の時は避けてもいいですが、なるべく走り込みをするようにしましょう!

ソフトテニスは、ゴツい筋肉はいりません。

日本を代表する選手で、ゴリゴリのマッチョはあまり見かけません。

なぜなら、過度な筋トレよりもフットワークを軽くする方が、試合中有利に働くからです。

練習以外の時間で、走り込みをしておけば体力もつき、今まで諦めていたその一球が届くようになります。

走る距離やスピードは、無理のない範囲で大丈夫ですが、楽はしすぎないようにしましょう。

また、走る際はテニスシューズやスニーカーだとすぐ靴をダメにしてしまう可能性が高いので、ジョギング用シューズがあるといいでしょう。

メンタルトレーニングをしよう

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

メンタルトレーニングは、多感な中高生の時期にやっておくことをおすすめします。

私は、中学生のころ朝読書の時間でメンタルトレーニングの本を5冊ほど読みました。

どんなスポーツも、プレーに性格やその時の気持ちが大きく出ます。

私は緊張で、本来の実力を発揮できず負けることが多かったので、自信を持ってプレーするにはどうしたらいいのか考えた結果が、メンタルトレーニングでした。

一流スポーツ選手の考え方やどんな気持ちで試合に臨んでいるか併せて学ぶのもおすすめです。

リフレッシュしよう

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

試合で勝つために家でできることは、トレーニングや勉強だけではありません。

それは、リフレッシュすることです。

毎日の生活をオンオフはっきりとメリハリをつけることによって、パフォーマンスは向上します。

身体だけではなく、心を休めることも大切なんです。

自分の好きなことをするようにしましょう。

天気に左右されないよう、家の中でできることがいいですね!

U-NEXT なら31日間無料で、映画、ドラマ、アニメが観れます。

無料トライアルもいつ終了するかわかりません。

無料期間が終わるタイミングで、解約できるので試してみる価値はありますね。

私は、普段あまりテレビは見ないのですが、U-NEXTは、昔のドラマや映画を好きなタイミングで観れるので愛用しています!

率直に、高校生の時にこのサービスが欲しかった!!笑

さいごに

coffe

勝敗を分けるのは努力量です。

練習以外の時間で、どれだけソフトテニスに真剣に向き合えるかが大切です。

これだけ努力すれば、最後の一球までかんたんに諦めることはないはず。

1球でも多く相手コートに返せば、勝率は高まります。

やるかやらないかはあなた次第です。

ぜひご参考にしてみてくださいね。

【高校生向け】ソフトテニスの試合で勝つための家での過ごしかた【4選】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる